業者に頼むか自分で作るか

業者に頼むか自分で作るか

自分がやりたいことに合わせて、ウッドデッキは自由に設計することができます。
単純な足場だけを作ることもあれば、天井や壁なども備えて、
様々な道具を取り付けたりすることも可能です。
そんなウッドデッキですが、設置する方法は色々あり、自分でDIYしたり、
専門業者に依頼したりすることもできます。
どちらも一長一短があるといいますが、どちらを選べばよいのでしょうか。

 

ウッドデッキをDIYする場合は、材料費を用意すれば後は自分で作業するだけなので、
費用を一番安く抑えることができます。単純な足場だけを用意するなら、
DIY程度の作業で十分立派なウッドデッキを作ることができると言われています。
中にはDIY初体験の方もウッドデッキ作りに成功したといいます。
とはいえ素人が作るとどうしても問題が出やすく、きちんと設計したつもりが寸法を間違っていたり、
使い始めてみると不便な点も目立ったりと、気をつけなければならない点も多いのが正直なところです。

 

専門業者に依頼した場合は、確実に自分が希望するウッドデッキを作ることができます。
また専門業者なだけあって、過去に様々なウッドデッキを作ってきた実績があります。
見積もりの段階で計画の問題点などを指摘して改善してくれたり、
より長く使えるような設計を提案してくれたりと、自分では気づかない点も指摘して、
より良いウッドデッキを作ってくれます。その代わり料金は高く、
自分で作るよりもはるかに高い費用が必要なりますし、
業者によってサービスや仕上がりに差が出ることもあります。
そのため、慎重に業者を選んでから設置を依頼する必要があります。